弊社のこだわり

兵庫県尼崎市の株式会社TAKEDAGUMIが手がける型枠工事とは、いわば建物の礎を担う施工です。弊社は環境保護の観点から、自然環境に優しい施工にこだわっております。
こちらのページでは、弊社の取り組みのなかでも特に施主さまから反響を頂戴している【ラス型枠工事】についてご紹介します。取り扱い工事全般に関しては「業務案内」のページをご確認ください。

ラス型枠工事における施工の流れ 

STEP-1

墨出し

図面を基に、現場で実寸の設計図を記します。

STEP-2

釘打ち

墨出しを基に、幅を定めるためのコンクリート釘を打ちます。
また、丸セパレーターも取り付けます。

STEP-3

ラス埋め込み

丸セパレーターにメッシュを取り付けます。
※コーナー部にはアングルなどを用いて折り曲げたメッシュを取り付けます。曲面施工も容易です。

STEP-4

建込

まずは結束線を用いて、縦パイプを建込みます。
続いて、横パイプも固定します。(桟木を組み合わせることもあります。)

STEP-5

打設

コンクリートを打設します。
メッシュを使用することによって、気泡や水分が排出され強度が均一に向上します。

STEP-6

解体・搬出

パイプや金物を取り外し、解体した材料を搬出。資材が軽量でコンパクトなため、合理的かつ安全性の高い揚重・運搬が可能です。
メッシュはコンクリートに埋まったまま、使用されます。
以上で施工完了です。

お問い合わせ